読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなか暮らし。スラックライン、地域おこし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

【夏の終り】いつの間にか固まった自分セオリーを打開するレンズ縛り

写真-カメラ-photoshop

TAMRON 90mmマクロレンズだけを持って夕景撮影へ

今日も夕陽が綺麗になりそうな気配を感じていつも通りカメラバッグにレンズと三脚を詰めて外に出ようと思った時、ちょっと億劫な気持ちになりました。『もっと身軽に行きたい』という感覚が頭に過ぎったのです。

夕景撮影に中望遠域のレンズだけを持っていく、しかも単焦点マクロ、という経験は今までにありませんでした。どうしても画角が狭くなってしまいがちで夕陽と空、海をカバーすることができないからです。

今回選んだレンズは先月購入したばかりのタムロン90mmの単焦点マクロレンズ。手持ちのレンズの中では夕景撮影に一番向かないタイプのレンズだと思います。久しぶりのレンズ縛りに少しワクワクしながらいつもの撮影場所へ向かいます。

違う視点で見る夕景

撮影場所について一眼レフカメラと装着したタムロン90mmマクロレンズのみを持って歩き出します。自ずとこのレンズが本領を発揮するであろう近接撮影ができそうな被写体に目が向いていきます。


秋を感じさせる綿毛を逆光で。ちょうど真裏に夕陽があります。

 

 


さらに寄って、順光で綿毛を撮影。西日を浴びて輝いています。 

 

 


秋の風物詩、ススキも西日で赤くなっています。

 

 


名前のわからない植物ですが、黄色い花と綿毛をシルエットで。夕陽もまん丸です。

 

 


水たまりに映る夕焼け空と前ボケの西日を浴びるススキ。

 

 


下ばかり向いていましたが空を見上げると案の定素敵な景色が。

 

 


エゾニュウとウド科の植物。ウド科の植物は往々にして夕陽が似合う気がします。

 

 

 


日没が済んだ頃、逆側の空を見上げると絵の具で描いたような空に4羽のカラスが飛んでいました。

いつの間にか固まる自分セオリー

『このシチュエーションならこのレンズだ!』と決めるのは自分。それがいつの間にか<夕陽なら広角で撮るべきでしょう><人を撮るなら単焦点一択!>そんなセオリーが自分の中で出来上がってしまいがち。

そんな風になってしまったのは何本目の交換レンズを手にした時からだったのでしょうか。大きなカメラバッグに手持ちの交換レンズを詰め込んで、その時その時の情景に合わせてレンズを変えて撮影をして。

そんないつの間にか固まってしまった自分セオリーを打開するためにたまにはレンズ縛りをして普段とは違う、いつもと同じ風景を撮影に出かけてみると面白いものです。

 

今回のMVPは夕陽を浴びたシロヨモギ。一瞬目を奪われたほど、きれいでした。


緑系の植物が多い中、夕陽を浴びて白く浮き立つシロヨモギ。

 

夏の終わりを感じる夕陽をTAMRON 90mmマクロで収めました。

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」

【今日の一枚】キャンプファイヤー

今日の一枚

今日の一枚/キャンプファイヤー

大きめなキャンプファイヤーを撮影をすることが 一年に一回はあるのだけれど、目で見るよりも写真にした方が楽しいものの一つ。

スローシャッターで切り取ると火の粉の軌跡がフラフラと伸びて不思議な切り出しに。

 

f:id:iden0911:20160810164556j:plain

 

露光一秒間。三脚は持たずに地面に置いてお手軽撮影。

 

f:id:iden0911:20160810214940j:plain

 

炎が消えた後はくすぶった残火と煙の動きをスローシャッターで。人の動きも見えて面白い。

 

今年はあと二回くらいキャンプファイヤーの撮影ができそうなので、また違った一面を切り取ってみたい。

 

 

【遠別町夏の大イベント】写真で振り返る遠別商工夏まつり

遠別案内所 写真-カメラ-photoshop

消費者還元商工夏まつりが開催されました

遠別町の夏の恒例行事<商工夏まつり>が8月6日に開催されました。毎年8月の第1週に開催される遠別町の夏の一大イベント。観光客向き、というよりも名前の通り町内在住の町民に遠別町の商工会を中心とした実行委員会が消費者還元、の意味を込めて行うイベントです。

今年は特に仕事という仕事もなく初めてフラッと参加。存分にイベントを楽しんできました。イベントの魅力を写真で振り返りつつ紹介したいと思います。

ビールが250円で飲める

消費者還元、っていうことでビールが250円で何杯でも飲めます。さらに商工会の会員さん含め商工女性部さんがお酒に合う美味しいものをたくさん準備してくれています。ビールがいくらでも飲めてしまいます。えんべつふうに言うと『なんぼでも飲まさる』のです。

 

お祭りといえば鉄板で豪快に焼く焼きそばです。

 

 

遠別ではおなじみレストランメルヘンのマスターがオーダーを受けてから仕上げるカットステーキ。

 

商工女性部の皆さんが手塩にかけて作る味噌おでん。

 

 


浜焼きの鉄板、焼きホタテ。

 

他にもホタテとタコが入ったえんべつコロッケ、ちらし寿司、ザンギなんかも揃っています。そりゃビールが飲まさるわ。

 

樹遠太鼓が格好良すぎ

まつりの盛り上げ役として欠かせないのは音楽や出し物。演歌歌手やアーティストも来てくれるのですが、なんといっても遠別町で活動中の樹遠太鼓が格好良すぎてまぁたまりません。夏のまつりに太鼓って最高ですよね。体の内側から刺激を受ける感じ。

 

 

今年で設立20年目となる樹遠太鼓。私の中学時代の同級生もNPO法人えんおこのメンバーも加入している町内ではノリノリの会です。私ももう少し風呂敷がたたむことができればジョインしたいと思っていますがなかなかどうして。

【いなか暮らし】困った時に手を差し伸べてくれる人があなたの周りにはいますか? - inakalife-いなかくらし-

10代から60代まで、幅広い世代が打つ太鼓の音にドキドキしっ放しです。

 

こどもたちがキラキラしている

おとなはビールと美味しいものがあればそこそこ楽しめるものです。こどもも楽しめるものを商工青年部の皆さんが準備してくれています。

 

商工青年部と役場青年部で準備したこども縁日のコーナー。

 

お祭りには欠かせない射的やくじ引き、スーパーボールすくい、ストラックアウトなどの遊び場。

 


こどもが大好きなわたあめも。

 

小さな町ですから、店番の人とこどもたちも顔見知り。気安いふうに話しかける青年部の皆さんとこどもたちのやりとり。

 

ビール片手に会場をふらふらしていた私ですが、こどもたちのキラキラした瞳が忘れられません。

こどもたちが大きくなったとき、商工夏まつりは存続できているのでしょうか。ちょっとナイーブな気持ちになったりならなかったりします。

 

 


こどもが飲み干す一杯は溶けたかき氷。

 

私も関わっている道の駅のカフェ<Comedokoro-コメドコロ>も出店していました。


コメドコロの店長ゆきちゃんは風情溢れる浴衣で参加。

 

 

 

そんなこんなで夏の大イベント、商工夏まつりが終了しました。途中からビールを何杯飲んだか数えられませんでしたが写真を見る限りそこそこまともな状態でイベントを後にしたであろうことはわかりました。

 

次のイベントは8月20日の<仮装盆踊り>なのでここで改めて気合いを入れ直しつつ、全身タイツをAmazonに発注しました。

 

現像はAdobe Lightroomのプリセットで

今回の写真はAdobe Lightroomを使用して現像しました。無料のプリセット<Milky>を使用。いろんな表現が手軽に楽しめて面白い。なぜもっと早く手をつけなかったのか悔やまれます。

 

presetlove.com

【いなかくらし】これは果たして進歩なのか退歩なのかとふと考えるとき

思考

いなかくらしをしているとふと思うこと

いなかくらしをし始めて(再開して)4年目となりすっかり馴染んだいなかのくらし。

決して都会が嫌いというわけではありませんが、今の仕事や生活を都会でも同じようにできるとは考え難く、やはり今の暮らしがとても心地良いものなのだとはっきりと言えます。

 

 

 

暮らしには満足しているものの、都会のくらしと田舎のくらしを鑑みてたまに考えるのが『これは果たして進歩なのか退歩なのか』ということ。どっちでも良いっちゃ良いんですが、なんとなく掘り下げて考えてみたいと思います。

ケース1/夜遅くまで仕事できない体になった

<過去>

前職時代は朝8時から夜23時近くまでの仕事がデフォルト。営業職でしたが外回りではなく内勤で、同じオフィスで昼休憩以外はほとんどデスク付近。今考えればよく発狂しなかったなぁとつくづく感じます。当時はそれに耐えられていたし、それが普通だった。

<今>

朝は8時と一緒ですが、定時は17:30。定時後も残ることはありますが最大でも22時くらい。しかも、残務を片付けているというよりも写真現像や何か役に立ったり立たなかったりするものを作ったりなど業務以外のことをやっていたりすることもしばしば。

何より、ずっとデスクにいると集中力が散漫になってしまい外に出たがる体質になりました。

ケース2/飲酒できる量が減った

<過去>

仕事を終えたらコンビニへ寄り道して500mlのビール6缶パックとおつまみを購入。お気に入りはセブンイレブンの穂先メンマとザーサイ、辛口剣先さきいか。惣菜パンとおつまみで晩酌をほぼ毎日。字面を見るだけでも不健康感が半端じゃない。

外で飲むときも平気で朝まで飲んでペロンペロンで家に帰り、翌日もしっかり仕事に行く毎日。

<今>

仕事を終えたら週に3回ほど350mlビールを多くても3缶。おつまみは旬のものを手のかからないように簡単に調理したもの(少し前は山菜、アスパラやベビーホタテなど)ビールを3缶飲むとすでに気持ち良い感じになっていてこれ以上飲めない状態に。

ケース3/好きな仕事と嫌な仕事がはっきりした 

 <過去>

好き嫌いに関わらずやらなければならないこと、やりきる必要があることがたくさんありました。そして、それをやりきるために年間、月、日別の行動計画に落とし込んで考えていました。もちろん中には好きな仕事もありましたが、本当の意味で好きではなく今の仕事の中では好き、程度のものだったように思います。

<今>

 気が乗らないなぁ、と思う仕事に正直になりました。もちろん、それでも手をつけるのですが『何のためにやっているんだろう?』という不思議な仕事はできるだけ避けるようになりました。結構あるんですよね、そういう仕事。気が乗らない自分がその仕事をやっつけるよりも、頑張れる人が頑張った方がきっといい結果を生むと思う。

これは果たして進歩なのか退歩なのか

さらに掘り下げるともっともっと出てくると思うのですが、いなかで暮らし始めて進歩したこと退歩したこと、この4年でたくさんあるはず。

言い方を変えると、いなかくらしって生ぬるい瞬間がなんどもあるんですよね。都会に比べて自分の代わりになる人って探しづらいということもあるし、特に<地域おこし協力隊>みたいな業務内容が曖昧な仕事だったり、地域おこし協力隊を卒業した後のNPO法人であったり。

仕事が定義されていない分、器用な人であれば自分のさじ加減でうまいこと生き抜けてしまうんです。私自身、器用貧乏を自負しているので特にそう感じます。

 

こんな暑い夏に<自身の成長のために!>みたいな暑苦しいことは言いたくありませんが、他人と比較するよりも過去の自分と比較して何ができるようになったのか、できなくなったのか、それは良いものか、悪いものなのか。

 

立っている位置によって<進歩>なのか<退歩>なのか見方は変わると思いますが、判断ができるくらいの視点は持ち合わせておきたい。何よりバランスが大事。今はいなかにどっぷり浸かっている感じがすごい。

 

 

いなかであれ都会であれたくさんの刺激は転がっているもので、あとはどの刺激を自分で受け入れるのか。一時の甘ったるい刺激ばかりを享受するのかそれともたまにピリッと辛い刺激も口にしてみるのか、その辺も選択しながらもっと楽しい生活に向けて舵を取っていきたいと思います。

 

 

【仮装盆踊り2016】今年はどんな仮装する?本番2週間前の苦悩

田舎暮らし 遠別案内所

今年もやってきた、仮装盆踊りの季節

遠別町でも蒸し暑い夜が続きます。とはいえ、東京なんかに比べたら涼しいのですが。この時期といえば、<仮装盆踊り>です。今年で4度目の挑戦となりますがこれまでの戦績を過去の写真を交えながら振り返り、今年の礎にしていきたいと思います。

 

f:id:iden0911:20160803201501j:plain

<2013年>デビューの年が一番恥かいた

2013年デビューの年。この時のテーマはワイルドでおなじみの<スギちゃん>でした。3年前はあんなに人気だったのに、最近ではあまりテレビで見かけません。そのくせ、『仮装盆踊り アイディア』と検索すると1ページ目に私がスギちゃんに扮する画像が出てきてしまいます。

 

f:id:iden0911:20160803201810p:plain

右側の二つが私のスギちゃんです。一時の恥では済まず、一生こうやって載り続けるのでしょうか。『仮装盆踊り アイディア』と検索するたびにデビュー戦の悔しい気持ちを思い出せるのはある意味幸せなことなのかもしれない。ちなみに結果は下から二番目でした。

盆踊り~仮装盆踊り大会に出場しました~ - inakalife-いなかくらし-

 

<2014年>子どもに魂を売った結果

この年のテーマ決めにおいて重要視したのは<素顔がばれないこと、子どもに人気なもの>ということでした。そして決まったテーマは遠別町の大人気キャラクターであるエゾモモンガのモモちん。自分がしたい仮装ではなく、子どもに好かれる仮装に切り替えました。

 

 

画像を見ても分かる通り、この大人気ぶり。子どもたちが後ろをひっきりなしについてきました。中には『いやー!』という悲鳴なんかも。その結果、見事優勝をすることができました。まぁ、個人戦参加者が2名だったんですけどね。

田舎に来たなら踊らにゃそんそん!仮装盆踊り大会リベンジ出場。 - inakalife-いなかくらし-

 

<2015年>連覇の壁は高かった

そして連覇を目指した2015年。テーマ決めの方針は大きく変えず<素顔が隠せて子どもに人気なもの>という方針でテーマを決めていきます。そして決定したのが妖怪ウォッチのジバニャン。

 

 

この画像を見て分かる通り、ジバニャンが果たして何なのか全く把握できておりません。出来損ないの格闘家みたいな決めポーズ。テーマの下調べができていなかった、という1つの敗因もありますが一番の敗因は後ろに見えるナルトのクオリティの高さです。勝てるわけない。連覇の壁は高く、この年は2位という結果になり連覇を逃すことになりました。

【ジバニャンで連覇のがす】2015年度の仮装盆踊り大会は準優勝でした。 - inakalife-いなかくらし-

<2016年>目指せリベンジ。ナルトを倒せるテーマを!

そして2016年。仮装盆踊りは毎年8月20日に開催されますので残り約2週間。まだまだ色々間に合う時期。自分の中である程度テーマは決めているものの、せっかくなのでこのブログを読んでくださっている少数精鋭の皆さんからテーマを募集してみたいと思います。

昨年も募集しましたが、昨年は特に応募はありませんでした。そのせいでジバニャンを選択し2位となったと言っても過言ではありません。

今年こそは宜しくお願いします。

 

<これだけは外せない>

・全身タイツで表現できそうなもの

・比較的製作が楽そうなもの

 

良いアイディアが思い浮かんだ方は、コメントでもツイッターでもフェイスブックでもなんでも構いませんのでご連絡いただけたら嬉しいです。

 

<特典はこちら>

・テーマが選ばれた方

→遠別のおいしいもの何か送ります。

 

ということで、ご応募お待ちしております。

 

www.canworks.info

©2013-2016  inaka life