inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

MENU

【北海道焼尻島】富士フィルムX-T2と巡る焼尻島とゲストハウスやすんでけ

スポンサーリンク

焼尻ゲストハウスやすんでけへ

北海道の左上、留萌管内にある羽幌町の離島である焼尻島。人口200人に満たない小さな島ですが、昨年この焼尻島でゲストハウス<やすんでけ>をオープンし2度目の春を迎えた友人を訪ねて昨年4月ぶりに訪問しました。詳細は過去記事をご覧ください。

 

 

オープンに向けてロゴや看板、ポストカードなどのお仕事をいただきましてオープン前の昨年は数回訪ねていましたが開業をしてからは初めての訪問&宿泊。久しぶりの再会と島での撮影に心躍らせながらフェリーに揺られて1時間、あっという間に焼尻島へ上陸。

 

今回は新しいカメラの富士フィルムX-T2を持って焼尻島を巡りました。写真多めの記事となります。

 

 

咲き誇るエンゴサクと力強いオンコの樹

チェックイン時間はまだ先だったので荷物を置かせてもらってまずは<オンコ原生林>へ。焼尻島の見所のひとつがこのオンコ原生林。風の強い道北地方ならではの植生から高く上に伸びるのではなく横に広がるオンコの樹が茂る緑豊かな森です。

 

焼尻島オンコの荘と会津藩士の墓

焼尻島オンコ原生林入り口と会津藩士の墓

 

歩を進めて行くとエゾエンゴサクの群生が見えました。見頃は終えてしまったようですが見事な群生。

焼尻島オンコ原生林のエゾエンゴサク
焼尻島オンコ原生林のエゾエンゴサク2
見頃を終えた雨上がりのエゾエンゴサク

 

珍しい白いエゾエンゴサク?も見つけました。

 

珍しい白いエゾエンゴサク

白いエゾエンゴサク?

 

焼尻島オンコ原生林の奇怪なオンコの樹

奇怪な形のオンコの樹

 

焼尻島のオンコ原生林に生えるオンコの奇木1
焼尻島のオンコ原生林に生えるオンコの奇木2
焼尻島のオンコ原生林に生えるオンコの奇木3
焼尻島のオンコ原生林に生えるオンコの奇木4
焼尻島のオンコ原生林に生えるオンコの奇木5
焼尻島のオンコ原生林に生えるオンコの奇木6
オンコ原生林に生える奇木の数々


オンコの樹の中でも特に奇怪な形の樹には名前がつけられており、それを探しながら散策するのも楽しいオンコ原生林。

 

しばらく歩いて行くとオンコ原生林のボス的存在<オンコの荘>へたどり着きます。

 

オンコ原生林のボス<オンコの荘>

オンコ原生林のボス<オンコの荘>

 

ここでは横に広がったオンコの樹の中(枝をかき分け)入ることができます。そこからみる縮れたオンコの枝は奇怪そのもの。

 

オンコの荘内部

<オンコの荘>の内部

 

ひとしきりオンコの荘を散策して海岸へ足を伸ばします。

 

島の醍醐味は海岸散策

島の海岸はフォトジェニックの宝庫です。森の散策を終えて焼尻島の海岸へ。

 

 

焼尻島廃屋の柵と水仙

廃屋の柵と水仙

焼尻島からみる穏やかに凪いだ海と赤い灯台

穏やかに凪いだ海と赤い灯台

焼尻島西浦地区の街並みを見下ろす

焼尻島西浦地区の街並みを見下ろす

焼尻島白浜海岸に打ち捨てられたパソコン

海岸に打ち捨てられたパソコン
焼尻島の海沿いには廃屋がたくさん3
焼尻島の海沿いには廃屋がたくさん4
焼尻島の海沿いには廃屋がたくさん

焼尻島の道路にウニ

道路にウニ


焼尻島の海岸に沿ってふらふらと散歩。廃屋や打ち捨てられた船、思いがけない物が落ちていたりと退屈をしない島散歩。焼尻島は歩いて4時間ほどで一周できます。ゆっくりと島を一周して、少し疲労感を覚えたので焼尻島唯一のカフェであるおくむらさんへ。

 

知る人ぞ知る焼尻島のカフェ<おくむら>へ

建築&インテリアデザイナーのおくむらさんが営む素敵な空間のカフェ。

焼尻島唯一のカフェ
ダンボールに手書きで書かれた店に一つしかない独特なメニュー表
建築&インテリアデザイナーのおくむらさんが運営するカフェ

焼尻島唯一のカフェおくむらはフォトジェニック

店全体がフォトジェニック

 

以前にも数回来店したこともあって、顔をなんとなく覚えててくれていました。コーヒーをいただき、宿へと向かいます。


焼尻ゲストハウスやすんでけへ

焼尻ゲストハウスやすんでけにチェックイン。久しぶりの宿主おっくんと再会。

 

そしてなんと、最近結婚をしたおっくんの奥さんも焼尻島でゲストハウスやすんでけを手伝っていました。二人の幸せそうな顔をみて祝福、そしてぐぬぬ...

 

焼尻ゲストハウスやすんでけおっくん&かなさん

ゲストハウスやすんでけおっくん&かなさん

 

幸せそうなお二人と一緒に夕食の支度をはじめます。焼尻ゲストハウスやすんでけでは、ゲストと宿主が一緒に夕食を作って同じ食卓を囲むという一風変わったスタイル。

 

焼尻島でとれたヤリイカ
手慣れた手つきで食事を準備する宿主おっくん
焼尻島でとれたホタテの稚貝
焼尻島でとれた食材を使って贅沢な食事

宿主おっくん自ら採集した海藻をふんだんに使用した料理も

宿主おっくん自ら採集した海藻をふんだんに使用した料理も
焼尻産ふのりを使ったサラダ
焼尻産の食材を使用した夕食
半分以上は宿主おっくんが作りました

 

この日はたまたま奥さんのかなさんの誕生日!宿主おっくんは特製の手作りチョコレートケーキを振舞っていました。32歳、女子力が高め。

 

 

 

決して豪勢な食事ではないけれど、その地ので採れた食材をたくさん使用した手作りの夕食に大満足!お酒も嗜みながらののんびりとした時間は食と会話が進みます。

 

話は尽きませんが、ゴールデンウィーク疲れも溜まっているであろうお二人のことを考えて切り上げて一緒に片付け、そして就寝。(結局日を跨いでしまった...)

 

焼尻島の朝ごはんとしまねこ

焼尻ゲストハウスやすんでけの朝食は焼尻島名物の海藻と、出汁王子こと関西出身の宿主おっくんこだわりの出汁を使用したお味噌汁。これが本当に美味しくて美味しくて。

 

焼尻産銀杏草を使用した絶品味噌汁

焼尻産銀杏草を使用した絶品味噌汁

 

以前に訪問した際にもとれたての銀杏草の味噌汁の美味しさに脱帽したのですが、今回の味噌汁もやはり格別。三杯もおかわりをしてしまいました。

 

大満足の朝食を終えて、帰りのフェリーまで少し時間が空いたので朝の散歩へ出かけます。

 

焼尻島の無造作に干された漁の道具?

無造作に干された漁の道具?

焼尻島の蒲公英

道端の蒲公英

 

そして、実はひっそりと楽しみにしていたしまねことの出会い。

 

焼尻島のボス猫

貫禄十分のしまねこ

取り込み中のしまねこと見張り役のしまねこ1

取り込み中のしまねこと見張り役のしまねこ2

取り込み中のしまねこと見張り役のしまねこ

焼尻島フェリーターミナルの観光協会にいるしまねこ

フェリーターミナルの観光協会にいるしまねこ
日向ぼっこで気持ち良さそうな観光協会のしまねこ

 

自由にぺたぺたと焼尻島内を散歩しているしまねこの姿にごっそり心を持って行かれてしまいました。

 

『何もないけどよかったらやすんでけ』-日常に近い旅を楽しむ

朝の散歩中、焼尻島に住むおばあちゃんに声をかけられました。

 

『どこから来たの?』

『泥棒もいないし、島はいい人ばかりでいいところだよ。泥棒がいないからね(2回目)』

『よかったらやすんでかないかい?』

 

観光で来ている得体の知れない私にそう声をかけてくれたおばあちゃん。実は、<焼尻ゲストハウスやすんでけ>の名前は、このおばあちゃんとのやりとりが由来となったそう。

 

フェリーを見送る島の人

フェリーを見送る島の人

 

『何もないけどよかったらやすんでけ』

 

そう声をかけられた宿主おっくんの体験からつけられたゲストハウスの名前。島の人との交流を楽しみのんびりとした島時間を味わい、歩いてゆっくりと島を見て回る。そんな時間がとても幸せで心も体も休まりました。近い将来、カメラを趣味としている人たちで焼尻島を撮影しながら巡りたいなあ。

 



関西出身のおっくんと東北出身のかなさん夫妻が営む焼尻ゲストハウスやすんでけ。北海道の左上でのんびりと島の日常に触れる休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

勝手に無駄クリエイティブ/焼尻ゲストハウスやすんでけPV

富士フィルムX-T2と巡った焼尻島で動画も並行して撮影しました。そして勝手に無駄クリエイティブ。

 


【北海道焼尻島】やぎしりしまゲストハウスやすんでけPV

 

 

焼尻ゲストハウスやすんでけ概要

焼尻ゲストハウスやすんでけホームページ
宿泊料金

・男女混合ドミトリー/3,500円

・女性専用ドミトリー/3,500円

・2〜3名用個室/3,800円

食事

・夕食/ゲストと宿主が島の産物を使って一緒に作るスタイル(1,000円程度)

・朝食/焼尻島の海藻を使用した味噌汁(おすすめ!)などその他

 

焼尻島の過去記事はこちらから

 

 

 

 

 

©2013-2018  inaka life