読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

レンズ沼に嵌りかけているわけですが、なんとか持ちこたえたいと考えています。

スポンサーリンク

一眼レフを持って約1年半。恩恵は素晴らしいものだったけど、、

f:id:iden0911:20141122160231j:plain

田舎にUターンして丸二年。序盤から一眼レフカメラには大変お世話になりました。今思い返してみると、どんな思い出にも一眼レフカメラは私に寄り添ってくれています。一眼レフカメラを持たない田舎生活は私にとって生姜のない冷奴、ビールが飲めない温泉旅行みたいなものだったことでしょう。

生涯でコンデジすら買ったことのない私でしたが、一眼レフを購入しようと思い立った当時の私を褒め称えてあげたいです。

しかし、今まさに良くない影響も出始めています。そう、【レンズ沼】が牙を剥いて私に迫ってきています。それはもう、何度もなんどもこれでもかと。

www.canworks.info

そもそもレンズ沼ってなに

一眼レフカメラユーザーの方なら一度は耳にしたことがあるであろうレンズ沼。ざっくり言うと、レンズが欲しくてたまらないのです。所持しているレンズでも十分満足する撮影はできるものの、「このレンズがあればこんな撮影もできるかも?」「こんな写真を撮るにはこのレンズが必要かも」などとさらなる高みを覗いてしまうのです。

ブログでレンズ沼を上手に表現されている方もいました。

レンズ沼とは | レンズ沼の意味 【ライカM240購入ガイド】写真用語辞典


まだ自分は軽症だよなぁと思いつつも、決して油断はできません。そんなわけで、所持レンズの可能性をしっかり見出しつつ、本当に必要な交換レンズを購入するよう自分を戒める意味で今回の記事を書くこととします。(購入前提)

所持レンズ一覧

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-55mm F3.5-.5.6 IS II APS-C対応

最初に購入したダブルズームキットレンズの一つ。標準レンズと言われるレンズです。初めて一眼レフカメラを持ち、初めて装着したレンズということもあって思い入れも深いものがあります。使い勝手も良いので風景撮影や複数人の撮影、イベント記録用などをメインに使用していました。

f:id:iden0911:20140208163639j:plain

ISO感度 100 /露出時間 0.002 (1/500) 秒 /絞り f/6.7
焦点距離 18 mm /ホワイトバランス Manual

Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS II APS-C対応

これもダブルズームキットに付属したレンズ。 実はそんなに登場シーンは多くなかったですが、どうしても近づけないけど寄って撮りたい時には役立ちました。

f:id:iden0911:20140610112750j:plain

ISO感度 100 /露出時間 1/350 秒 /絞り f/5.6
焦点距離 171mm /ホワイトバランス Manual

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

初めて購入した交換レンズ。いわゆる撒き餌レンズと呼ばれているもの。このレンズのおかげで撮影の幅が大幅に広がりました。特にポートレート撮影をとても楽しくしてくれたレンズです。反動で色々な単焦点レンズが欲しくなるという撒き餌っぷりも秀逸です。

例 

f:id:iden0911:20140802181459j:plain

ISO感度 100 /露出時間 1/500 秒 /絞り f/2
焦点距離 50mm /ホワイトバランス Manual

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 

初めてのサードパーティ製レンズ。これは譲って頂いたものです。キットレンズ付属の標準レンズよりも画角が広く、明るいので室内や薄暗い場所での撮影に大変役立ってます。標準レンズよりも重たく大きいですが苦にならないレベル。

f:id:iden0911:20150303195933j:plain

ISO感度 3200 /露出時間 1/90 秒 /絞り f/2.8
焦点距離 17 mm /ホワイトバランス Manual

TAMRON 望遠ズームレンズ AF70-300mm F4-5.6 Di MACRO キヤノン用

つい最近購入した望遠ズームレンズ。マクロ撮影とキットレンズよりも少しだけ遠くを撮影できるということで購入しました。何よりすごく安かった。まだ十分に使えていないのでなんとも言えませんが、しばらく望遠ズームはこちらのレンズを活用するようになりそうです。

f:id:iden0911:20150404143140j:plain

ISO感度 200 /露出時間  1/1000 秒 /絞り f/5.6
焦点距離 300 mm /ホワイトバランス Manual

まとめ

ダブルレンズキットに付属されたレンズは今では使うことはほとんどなくなりましたが、初めての一眼レフを持った私にとってこのレンズたちの功績は大きいです。その立場をアップデートしてくれたのがタムロンとシグマのレンズ。

問題は単焦点です。撒き餌レンズがきっかけで他の単焦点レンズの世界も覗きたくなっているというのが正直なところ。あぁ怖い。

まだレンズに対しての投資は少ないですが、次に投資する機会があるとしたら間違い無く単焦点レンズだなという予感を感じています。まだ嵌っちゃいないけど、念のためクレジットカードは解約しておこう。勢いでクリックしないように。

©2013-2016  inaka life