読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

【野生塾フォトサークル】遠別町の写真好きが集まるフォトサークルを作ったよ

スポンサーリンク

株式会社野生塾泊和幸さんが代表のフォトサークル

当ブログで何度も登場している自然写真家の泊和幸さん。私が所属しているNPO法人えんおことともに4月から新たに《フォトサークル》を立ち上げました。代表は泊さんで事務局が私です。先日第一回目のオリエンテーションが行われたのでその様子をご紹介します。

 

 

以前から写真仲間が欲しかった

一眼レフカメラを持って約3年となりますが、これまで基本的に一人で撮影に出ることがほとんどでした。一人でも十分楽しいですが、稀に数名のカメラマンと行動することもありました。一人とはまた違う楽しみがありますよね。

 

それぞれ視点も技術も違う同じ趣味の人たちで集まって、自分の住む地域の新しいネタを探す/共有するが欲しかったのです。

 

そんな中、遠別町を拠点に40年以上海ワシを中心とした野生動物や自然の景色を追い続けた泊さんもフォトサークルを作りたい、ということで喜んでお手伝いさせていただきました。

 

12名のメンバーが集まる

2週間ほどの告知期間でしたが、12名の方が参加を希望してくれました。学校の先生、行政書士、福祉施設の職員、役場職員、消防職員、自営業などさまざまな職種の方が参加してくださいました。年齢も20代から60代まで幅広い。

自分が知らないだけで、一眼レフカメラを所持している町民は意外と多いものですね。

堅苦しくない写真好きが集まるサークル

私自身、事務局言うてますけど事務作業が苦手なので基本的には堅苦しくないサークル。それでもってプロ写真家からアドバイスももらえるという贅沢な待遇です。現時点では町民限定なのです。

早速外へ出てみる

一回目はオリエンテーションの予定でしたが、天気が良かったので早速外に出てみました。まずは海へ。

 

 

早速、メンバーの一眼レフの設定をする泊さん。

 

 

渡り鳥を発見。

 

 

それぞれ自由に撮影。頃合いを見計らって次は山へ

 

 

 

 

これまでに泊さんが観察したことなど、惜しげもなく伝えてくれます。ほとんどが初めて聞くような話ばかりで参加者の皆さんもずっとふむふむ。

 

次回は5月 

とりあえず初回はこれくらい。

 

 

月に一度の集合で、それ以外は「桜が咲いた」「リスがいたよ」「一緒に撮影いこうよ」という声をかけあって撮影に出る形をとります。次回は5月。楽しみです。

また、遠別生活の楽しみが増えました。

 

 

 

©2013-2016  inaka life