inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

【北海道豊富町その1】ネタを豊富に取り揃えた湯治のまち、堪能してきました。

スポンサーリンク

湯治のまち、豊富町がおもしろい

先週の金曜日〜土曜日にかけて、遠別町よりさらに北にある町<豊富町>にスラックラインで遊びに仕事しに行ってきました。

写真は豊富町にいるブラザーとのセッションの様子。サイズ感と様子がすごく似ていると評判です。それでは豊富町での様子をご覧ください。

豊富町兜沼小中学校でスラックライン

金曜日、この日は豊富町にある兜沼小中学校にてスラックラインの体験教室。豊富町の教育委員会の方にお呼ばれして体験会を開催しました。

夜間の体験に関わらず、子どもたちが12名と教員の方と保護者の方約10名の方が集まってくれました。これは頑張らねば、と遊び半分の気持ちを抑え込みます。

室内ヅナが2本とバレーボールの支柱にくくりつけた1本の計3本で体験がスタート。

先生方もスーツ姿のまま参加してくれました。

飽きずに1時間スラックライン三昧

こどもたちにスラックラインの体験をしてもらうと、30分ほどで飽きて別の遊びをし始める子や集中力が切れてしまう子も多い中、兜沼小中学校のこどもたちは飽きることなく集中し続けていました。すごい!

手を貸さずにドロップニーができるようになった子が3名も!大人の方の中でも4名程ドロップニーができるようになりました。渡りきれるようになった人は半分くらい。やっぱり集中力が大切なんですね。

短い時間の中でしたが、みなさんスラックラインを全力で楽しんでくれました。これまでに何度もスラックラインの体験会は行ってきましたが、この日ほどみなさんがのめり込んだ日はありませんでした。私としてもすごく勉強になった日。こんな日は美味しいお酒が飲めそうです。

ちょうどよくやってたナツカフェの夜間営業

良いことは重なるものです。ちょうどこの日、ナツカフェという夏季限定カフェが金曜日の夜間営業をしていました。早速そちらにお邪魔して酒盛り開始。仕事はもうおわり。

ナツカフェは豊富町で活動中の豊富温泉もりあげ隊が夏の間使用されないスキー場のロッジを借りて行っているカフェ。

www.facebook.com

この日は毎週金曜日に開催される夜カフェの日。とっても美味しそうなメニューが名を連ねています。これは美味しいお酒が飲めそうだ。さっそく夜カフェに混じります。

お酒のメニューは用意されておりませんが、持ち込みはOK。ということで遠慮なく持ち込み。

瞳が綺麗なヨガインストラクターのまなみん。赤ちゃんと同じくらい瞳が綺麗で元気いっぱい。

料理長のミッキーともりあげ隊町のあすみん夫妻。穏やかな空気がとっても心地よいお二人。

兄弟疑惑が実しやかに流れているザッキー。「幽体離脱〜」ネタのリクエストが鳴り止みません。

料理はミッキーが担当していますが、どれもこれも美味しかった。ほとんど写真を撮る暇も与えないくらいすぐに消え去りました。自分で食べたんですけどね。

豊富のまちは人懐こい

 

湯治でよそから来る人も多い豊富町。何度か来ていますがみなさん気軽に声をかけてくれるほか、穏やかで人の気持ちをうまく受け取ることができる人懐こい人が多い印象です。

心も体も気持ち良い疲労感を感じながら、この日は5月16日にオープンしたばかりのヤドカリハウスに宿泊です。

yadokari.house

ヤドカリハウスについて、翌日のナツカフェスラックラインの様子はその2で綴ります。

 

©2013-2016  inaka life