inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

MENU

【漁師町あるある】新しい船の出発を祝う餅まき文化

スポンサーリンク

新造船のお祝いに餅まき

ここ数年、遠別町は新造船ラッシュ。その際にお声かけ頂きまして、4件の新造船の撮影を担当させて頂きました。撮影を担当してはじめて知ったのですが、新造船のお祝いの〆には船上から餅まきをするという風習があります。

 

神事でよく見かけるお供え?物

お神酒で清められる新造船

 

新造船上で神主さんが神事を行れ、その後餅まきが行われます。

 

<餅まきの風習>

 建前、建舞、上棟式などの建物を新築した際に行われる神事の際に集まった人たちに餅をまく風習です。由来は、災いを払うために行われた神事である散餅の儀が発展的に広まったものとされています。

散餅の儀としての餅まきの一般的なものは建前を終えた後、建設中の住宅の屋根などから餅をまく形式。遠別町では、白い紙に包んだ小銭も餅と一緒に入れられていることがあります。(wikipedia参考

 

 

 

一般的には新築の住宅で行われることが多い餅まきですが、遠別町のような漁師町では新造船でも餅まきを行います。

 

調べて見ると北海道だけでなく、九州や東北あたりでも行われていて、漁師町あるあるなのかもしれないですね。新造船を見に、お祝いに、餅を拾いに多くの町民と子どもたちが港に集まる素敵な場。

 

新造船上から餅まき

新造船の上から降ってくる大量のもち!

 

ひたすら餅まき

空を舞う無数のもち!

 

新造船の撮影へ

大漁旗を掲げた新造船は港に停泊していても絵になりますが、沖に出た姿がすこぶる格好いいです。ここからは大漁旗をなびかせて日本海を進む美しい新造船の姿をご覧ください。

 

まずはバックショット。漁港から沖へ向かって進みます。

 

日本海に浮かぶ新造船の後ろ姿

新造船の後ろ姿、惚れ惚れします

 

そして左後方。少しずつスピードを上げていきます。

 

日本海に浮かぶ新造船を左後方から

左後方からも良いフォルム

 

左から見て見ましょう。スピードに乗って大漁旗がはっきりと見えます。

 

 

 

日本海に浮かぶ新造船を左から

スピードに乗ってなびく大漁旗



寄りで。ダイナミックに日本海をかき分けて進む新造船。

 

 

日本海に浮かぶ新造船を寄りで

波を掻き分け進む新造船

 

 

引いて見ますか。

 

 

 

日本海に浮かぶ新造船を左から引きで

引きで見ても良いフォルム



お待ちかね正面。

 

 

 

日本海に浮かぶ新造船を正面から

正面から見てもイケメン


日の丸構図もやっちゃおう。

 

 

日本海に浮かぶ新造船を正面から日の丸構図

大迫力の正面



そして漁港へ戻ってきます。

 

 

 

日本海に浮かぶ新造船を正面から灯台と

漁港と灯台と新造船

 

 

この日、天候はあいにくの曇り空というかむしろ雪が降ったり雨が降ったりしていましたが、無事最初の進水は完了。波に揺られ、水に濡れながら撮影も無事終了しました。

 

一生のうちにそう何度も経験しないであろう新造船の撮影を経験できたことを噛み締めながら、しばらくは潮を浴びたカメラのメンテナンスを抜け目なく行います。

 

 

 

 

 

パワー レスキューボート DX2 船 お風呂遊び 水鉄砲

パワー レスキューボート DX2 船 お風呂遊び 水鉄砲

 

 


 

 

©2013-2018  inaka life