inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

【中秋の名月】スローシャッターで切り取るいつもとと違う、同じ風景

スポンサーリンク

中秋の名月、撮り逃がしました

今年は9月27日が中秋の名月。前日のキャンプの心地よい疲れからグダグダと惰眠を貪っていたら撮り逃してしまいました。

トピック「中秋の名月」について

www.canworks.info


しかし、翌日の9月28日が満月とのこと。一度の失敗でくよくよするもんではありません。再チャレンジに期待します。

中秋の名月、満月、ともに撮り逃しました

そして翌日。旭温泉に行きたい!という欲望に負けて満月を撮り逃しました。とても残念ですが胸を張って言えるのは、旭温泉はいつもと変わらずとっても良いお湯でした。

www.canworks.info


かろうじて、標準レンズ搭載の一眼レフカメラは持参していたのでそのカメラで撮影した満月の夜の様子がこちらです。

 

うすい満月感。スーパームーンや、昨年の中秋の名月も撮影していましたが月単体で撮影してもあまりぐっとこないんですよね。自分の手持ちの望遠レンズがそんなに高性能じゃないからでしょうか。


そのため、月の撮影よりも旭温泉の誘惑の方が強力なのです。


続いて、標準レンズ搭載の一眼レフカメラを地面に置いて、スローシャッターで月夜を撮影。

 

望遠で月のアップを撮影するよりも、月の光に照らされた雲を撮影する方がぐっとくるものがあります。

 

 

レンズについた指紋が演出するフレアとゴーストが残念ですが、いつもと同じ風景が少し違って見えます。

 

 

右上に小さく見える満月よりも、街灯の明かりの方がバッチリ目立っています。

 

しっかりした三脚やレリーズ、リモコンがなくても、カメラを地面に置いてセルフタイマー2秒撮影で夜のスローシャッター撮影は楽しむことができます。構図は限られてしまいますが、制限された状態で撮影するのもこれはこれで楽しい。


いつもと同じ光景に少し飽きてしまった時、スローシャッターでいつもと違う同じ風景を演出してみるのも面白いかもしれません。

 

www.canworks.info

www.canworks.info

www.canworks.info

www.canworks.info

 

©2013-2016  inaka life