読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

【北海道豊頃町】感動のジュエリーアイスは想像以上の美しさだった

スポンサーリンク

北海道豊頃町のジュエリーアイス

昨年から気になっていたジュエリーアイス。昨年はなかなかタイミングが合わず行けずじまいでしたが今年は撮影に行くことができました。ジュエリーアイスは、北海道の南のほう、豊頃町にある大津海岸という場所で見られる冬の光景です。

十勝川に張った川の氷が割れて、一度海をフラフラと漂流したのちに大津海岸の砂浜に打ち上げられた氷はカドがとれて丸く透明度の高い氷、通称ジュエリーアイスとなって朝日や夕日などの光を鮮やかに反射するのです。

 

夕日、朝日、氷が好きな私にとっては絶対に外せない被写体ジュエリーアイス!ということで車で6時間かけて撮影に行きました。

まずは場所の下見

暗い時間だと足元が危険であったり、迷って到着できない可能性もあるということでまずは下見へ。この日は夕暮れの撮影でしたが、日の高いうちからすでにカメラマンがたくさん。

 

f:id:iden0911:20170128155135j:plain

 

 

カメラマンの足元にゴロゴロと転がっているのがジュエリーアイス。物によっては数日前に流れ着いたジュエリーアイスもあり、砂まみれになっていたりもします。夕日の角度と手ごろな透明度の高いジュエリーアイスを探して皆あちこちと動き回ります。私も自分のお気に入りのジュエリーアイスを探すべく、早速氷の上を歩き回ります。

目立つのが、先に来ているカメラマンが設置したであろうジュエリーアイスの積み木ならぬ積み氷。

 

青空とジュエリーアイス

 

不自然に積まれたジュエリーアイス

 

不自然に積み重ねられているジュエリーアイスにニヤニヤしながら、めぼしい場所や角度を探してフラフラ。

 

少しずつ日が落ち始める

落ち始める夕日が私の心を刺激します。ゆっくりと沈みゆく夕日とジュエリーアイスの共演に興奮し、冬の砂浜に寝そべってみたりしながら撮影開始。

ここからはジュエリーアイスの写真をお楽しみください。

 

 

ジュエリーアイスのかちわり

 

 

ジュエリーアイスに映り込む夕日

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BP1htWYB8v4/

 

 

まるまるジュエリーアイス

 

 

大津海岸に溢れるジュエリーアイス

 

 

https://www.instagram.com/p/BP4Zq4ujBIv/

 

使用した機材

どうでしょう?すごく綺麗ですよね!興奮しすぎて、アウターが砂だらけになりました。一応、私が撮影時に使用した機材を記しておきます。

<カメラ周り>

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

TAMRON 大口径標準ズームレンズ SP AF28-75mm F2.8 XR Di キヤノン用 フルサイズ対応 A09E

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 F004E

Kenko NDフィルター PRO ND8 58mm 光量調節用 358627

Kenko NDフィルター PRO1D プロND8 (W) 67mm 光量調節用 267431

Velbon 三脚 レバー式 EX-640 4段 中型 3Way雲台付 DIN規格クイックシュー対応 アルミ製 301284

 

撮影現場に人が多いので、広角レンズを持って行きましたが人が写り込んでしまうのを避けてほとんど使用しませんでした。個人的には28mmくらいでちょうど良かったです。

三脚はあるに越したことないかなぁという程度で、私はさほど使いませんでした。どちらかというと手持ちでゴロゴロと転がりながら撮影してました。

NDフィルターも必須ではないですが、波打ち際でスローシャッターを切りたい時に必要になります。

撮影スタイルによっても違いますので、自分がどんな写真を撮りたいか事前に考えて機材を準備すると良いかも。

 

 

2月6日追記/ニューヨークタイムズ電子版で紹介されたそうです

https://www.nytimes.com/2017/01/30/science/jewel-ice-tokachi-river-hokkaido-japan.html

世界的にも珍しい氷、とのことで、今後も人気になりそうです。

 

 

すごく綺麗!けど気をつけよう!

これだけ綺麗な景色ですから、観光客がこれからも増えていきそうです。そうなると心配なのがマナーの話。

 

ほとんどの人が撮影に来ている印象で、今は暗黙の了解でマナーが守られているような状況でした。せっかくの綺麗な景色ですから、皆で気持ち良い時間が過ごせるようにしたいものです。

  • 限られた駐車スペース、たくさんの車が止められるように留意
  • 場所の占有は遠慮して、譲り合いの気持ちを
  • ゴミは持ち帰る
  • 撮影している目の前を通り過ぎる時はわずかばかりの気遣いを
  • 氷の上は滑るので滑りにくい靴&歩き方を心がける
  • 周囲への配慮、気配りは忘れずに

豊頃町大津海岸のジュエリーアイスは最近注目され始めたということもあって、海岸自体の駐車場、ゴミ箱、トイレなどの設備はしっかり整備されていません。撮影の現場ではよくあることですが、そういった場合は特に独りよがりの行動が素敵な空間を壊してしまいがち。自戒を込めて気をつけよう!

 

豊頃町大津海岸のジュエリーアイス自体は、1月中旬から2月中旬くらいまで見ることができるようです。天候などによっては綺麗なジュエリーアイスが拝められないこともあるそうなので、運も味方につける必要がありますが興味のある方は見に行ってみてはいかがでしょうか。豊頃町役場のページからジュエリーアイスの状況を確認することができます。

北海道 豊頃町のとよころ観光ガイド

 

豊頃町大津海岸
〒089-5300 北海道中川郡豊頃町大津元町

 

 

まだまだ現像前の写真がたくさん残っているので、しばらくは現像作業で幸せになれそうです。

しばらくSNSもジュエリーアイス攻め。 

 

 

ジュエリーアイス。 #豊頃町 #夕陽 #ファインダー越しの私の世界

inakaworksさん(@inakaworks)が投稿した写真 -

©2013-2016  inaka life