inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

【遠別町のカフェ】今年も道の駅にコメドコロがオープンしました

スポンサーリンク

Comedokoro-コメドコロが今年もオープン

遠別町の道の駅に今年もコメドコロがオープンしました。コメドコロは遠別町にある唯一のカフェメニューが並ぶ飲食店。詳しいコンセプトはこちら。

 

f:id:iden0911:20160425095759j:plain

 

ざっくり要約すると、【遠別産の野菜や魚介が食べられて、遠農の生徒が育てた最北のもち米をがっちり使用したお弁当も作るお店】です。昨年から4月〜10月まで遠別町の道の駅富士見で営業しています。ちなみに運営元はNPO法人えんおこです。

今年度のオープンは4月24日でした。オープン初日の様子をご紹介します。

 

コメドコロ開店

開店と同時にお客さんがたくさん来てくれました。この日はくまのごちそうさんの自然酵母のパンも販売するということで、パン目当てのお客さんも。

 

店長は23歳のゆきちゃん

昨年から店長としてコメドコロを切り盛りしてくれているのは23歳のゆきちゃん。

若いながらも、クセの強いえんおこ代表理事しおみんと渡り合うことができる懐の深い女性です。すでにしおみんと仕事をし始めて6年も経つということもあり、ゆきちゃんとしおみんのやりとりは見ものです。一回り以上離れている。

隣ははるちゃん。てきぱきさばさばと仕事ができるコメドコロの頼れる参謀。

そしてオーナー兼えんおこ代表理事のしおみんです。食べているのはチキンドリア。チキンライスに目がないもうすぐ40歳(独身)です。

ランチメニューを注文した第一号のお客さん

オープン直後、パンや焼き菓子を購入してくれるお客さんが少し落ち着いた後にランチメニュー第一号のお客様が。

第一号は昨年40年ぶりに遠別の担ぎ神輿が復活した立役者、『神輿担ごう!』言い出しっぺのレオさん一家。お子様ランチやもち米粉生パスタ、チキンドリアなどを注文してくれました。(営業終了後に鍋いっぱいのベビーホタテのおすそ分けもくれました)

 

その後もオープンを待ち望んでくれていたご家族や、新聞記事を見て、フェイスブックを見てコメドコロに足を運んでくれたお客さんが。

まだまだ旬の野菜は少ない時期です

コメドコロのウリでもある遠別産の旬野菜。この時期、遠別町はまだまだ採れる野菜が少ないです。

そんな中工夫を凝らしてメニューを組み立てるゆきちゃん店長。この日は副菜で提供したポテトサラダに紫ジャガイモ《シャドークイーン》、スープにアサツキを使用。どちらも遠別町内の農家である金山さんから仕入れたものです。

こどもも美味しそうに食べていました。

話は変わりますが、接客して説明するときに紫ジャガイモのシャドークイーンという名前がどうしても《シャドームーン》になってしまったんですよね。仮面ライダーブラックに登場していたライバル役のかっこいいやつ。どうでもいいんですけど。

 

f:id:iden0911:20160425104723j:plain

《写真出典元:シャドームーンUP - 写真共有サイト「フォト蔵」より》

コメドコロのメニューをご紹介

お店に来てくれたらいくらでも見ることができますが、念のため載せておきますね。

 

f:id:iden0911:20160425110838j:plain

・もち米粉生パスタ:750円

・旬菜のランチプレート:880円

 

f:id:iden0911:20160425110924j:plain

・チキンクリームグラタン/サーモンクリームグラタン

・チキンドリア/カレードリア:各700円

・ミニ親子丼/ミニオムライス:600円

・カレーライス/お子様ランチ:500円

 

f:id:iden0911:20160425111015j:plain

・えんべつロール:400円

・スムージー:300円

 

f:id:iden0911:20160425020412j:plain

・クリームぜんざい:300円

・フレンチトースト:400円《メニューの表記間違ってますすいません》

・もっちリング:80円

・ミニパルフェ:350円

・コーヒー各種:350円

・いちごオレ/ココア:300円

 

f:id:iden0911:20160425115505j:plain

くまのごちそうのパン販売。販売日はスタッフまでお尋ねください。次回は4月29日(金)の予定。

心地よいお店になれば良いなぁと思っています

滅多にお店に立つことがない私ですが、オープン初日ということでお手伝いしました。西日がさしてきた頃、昨年何度も通ってくれた常連のお客さんがふらっと足を運んでくれて、そのやりとりが良いものでした。

 

ゆきちゃん店長『いつもので良いですか?』

常連さん『あぁいつものけれ』(いつもの、はスムージーの金浦でした)

 

常連さんの話し方の影響を受けて少しなまりが入った感じで会話するゆきちゃん店長と常連さん。一年ぶりでも『いつもの』が通用するのって良いですよね。

飲食店として、当然のことながら運営していくための利益を生み出していく必要はありますが、それ以外の付加価値もきっとあるはず。

 

遠別の食材を味わいたい、ゆきちゃん店長の手料理が食べたい、ゆきちゃん店長と話したい、ちょっとコーヒー飲みたい、しおみんの様子を探りたい、それぞれいろんな目的を持ってコメドコロに来ると思いますが、コメドコロが居心地の良いお店になれば良いなぁと思います。飲食店の経験が全くないので難しいことはわからないのですが。

 

えんおことしてコメドコロに関わるというよりは、いち遠別住民として今後もコメドコロに関わっていく予定です(おいしいとこどりがしたい) 

ちなみに、引き続きアルバイトも募集していますので近隣の方がいましたらご検討ください。

 

©2013-2016  inaka life