inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

超シンプル!今が旬のアスパラガスを手間なくおいしく頂く方法。

スポンサーリンク

毎日アスパラガスパラダイス

北海道の内陸部では猛暑騒動で大変だ、ということを聞きますがここ道北の日本海沿岸地域は過ごしやすい気温です。

6月に入るとさすがの北海道も暖かくなるんだな、と毎年改めて感じるこの時期。旬の食材といえば私も大好きなアスパラガス!毎日のように大量のおすそ分けを頂ける恵まれた環境で生活しています。

今回は個人的に好きなアスパラガスの調理法をお伝えさせて頂きます。基本男の料理なので、手間はかけずにビールのお供に良い感じなものが大半です。

その前に、気になる疑問を解決してからにしましょう。

アスパラガスとアスパラの違いについて。


農家さんによって『アスパラ』と『アスパラガス』ふたつの呼びかたがあって、何か違いがあるのかどうか、個人的にどうでもよい疑問だったのでこの機会に調べてみました。

結果:アスパラガスを略してアスパラってだけ。でした。

あぁスッキリ。スッキリついでにもう一つ疑問を解消しておきましょう。

ホワイトアスパラとグリーンアスパラの違い?

ホワイトアスパラ、グリーンアスパラの違いについても調べてみたところ栽培方法の違いのようでした。

ホワイト⇒芽に日を当てないで軟白栽培。

グリーン⇒芽に日を当てて栽培。

日光が当たればその分葉緑素が作られて緑になり、当たらないと白く育つようです。
疑問が解消したところで早速、アスパラをおいしくいただく方法へ。

シンプルにアスパラガスを美味しく頂く方法

①茹でる⇒食う。

もっともシンプルなアスパラガスの食べ方です。茹で方にも少しコツがあるのでご紹介。

  • 下側(3分の1)位は皮をむく
  • お好みにあわせてアスパラガスを切る(個人的には大体3分割)
  • 茹でる時は下側を入れて少し待ってから上側を投入
  • 茹で時間は1分~2分程度

個人差あると思いますが、個人的にはこんなかんじ。マヨネーズはもちろん、地元の農家さんに聞いたところマヨネーズ+ねりからし+醤油をつけて食べてもおいしいとのこと。早速今夜試してみるっす。

②ほたて稚貝とアスパラガスのカレー炒め

  • ほたて稚貝のウロと耳を取る。耳は好きなサイズにカット。
  • アスパラガスを切る(ななめに切るのが良さげ)
  • アスパラガスとほたて稚貝柱、耳をバターで炒める
  • 火が通ったらカレーパウダー(カレー粉砕いたやつでも十分)をお好みに合わせて投入。

カレー味のものはとにかく何でもおいしく感じるので失敗はほぼないんじゃないかと。

③アスパラガスのグリル焼き

  • 下の方の固いところは少し皮をむいておく。
  • 魚焼きグリルにアルミホイルを敷きアスパラガスをのせる
  • オリーブオイル数滴とお好みで塩コショウを振り掛けて焼く(両面)

比較的太めのアスパラガスの場合は、焼いて食べた方が食べごたえがあっておいしいです。農家さん宅で初めて食べた時は涙が溢れそうなほどうまかったです。

④電子レンジでチンする。

  • アスパラガスを好みの大きさに切る。(下側は皮をむく)
  • 皿に数滴水を垂らしてラップをかけて2~3分電子レンジでチンする。

農家さん直伝のNO1シンプルな食し方。茹でるよりもアスパラ本来の味が楽しめる気がします。

⑤アスパラのフライ

  • アスパラを三等分に切る(下部の硬いところは皮を少し剥く)
  • さっと茹でる
  • フライの要領で小麦粉・溶いた卵・パン粉をつけてサラダ油で揚げる

大量の油じゃなくても、フライパンに少し多めの油を引いてもOK。少し茹でアスパラに飽きたら、揚げてみるとアスパラの新たな魅力に気づいてまたアスパラのことが好きになります。

毎日アスパラ幸せな生活

最近はおすそ分けで頂くアスパラガス+ビールの組み合わせで夜の晩酌生活を過ごしています。上記で記したものを見てわかるようにあまり凝った調理はせず、アスパラ本来の味を楽しむ。あら、少し飽きてきたかなと思ったらカレー味や少し味を変えての繰り返し。もはや調理法ではないですね。

 

このように、個人的には田舎生活を楽しむのにおすそ分けによる恩恵は結構重要だなぁと感じています。ただし、ボーっとしているだけではもらえるわけではなく、もしもらえたとしても頂くだけでは心苦しくなったりもしますのでおすそ分けを返すことも必要になってくるのかなぁと。

幸運にも、春先にお手伝いに行っていたホタテ稚貝漁の時に頂いた稚貝を食べきれず、色んな方におすそ分けしたこともあって心苦しくなくアスパラガスを頂くことができています。

参考記事:春のホタテ稚貝漁体験レポート。準備から働き終えるまで。 - inaka.life

 

いつまでバラ色アスパラ生活が続けられるのかわかりませんが、頂ける恩恵は受け入れて幸せな生活を送りたいと思っています。おまけですが、毎晩アスパラ生活のおかげか便通がすこぶる快調です。

  

 

©2013-2016  inaka life