inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

美深町アートヴィレッジ恩根内にて地域おこし論。

スポンサーリンク

今週のお題「ゴールデンウィーク2014」

「地域おこし地域おこし言うてはりますけど、なにが地域おこしなんですのん。」

その答えはまだはっきりと見つからないまま、現在も地域おこし協力隊として活動しています。さまざまな地域で、さまざまな方法で地域の行く末を憂い、自分のため地域のため活動している人がたくさん居ることをこの立場になって気づくことができました。

北海道道北地区の美深町にある集落、恩根内地域。ここにはアートヴィレッジ恩根内というスペースがあります。たまたま近くに訪れ、前から気になっていた場所だったので突然思いつき突撃訪問してみました。

廃校になった恩根内小学校を利用してアートの拠点に。

廃校になった小学校を活用して、建物のほとんどをご自身の手でリノベーション、そして再生させたという驚きの場所。校舎内に突如木造の素敵なスペースがあります。ここはカフェスペース。壁、椅子、テーブルをはじめ暖炉まですべて手作り。驚きのあまりニヤニヤせざるを得ません。

 

入り口側の壁には恩根内地域の立体地図が飾られています。この制作秘話に感動。当時、その場所に住んでいたほぼすべての世帯が載っているのです。地域に住むおじいちゃんおばあちゃんから直接聞いて忠実に再現したとのこと。

「今聞いておかないと、数年後には当時の様子を知っている人がいなくなってしまう」

限界集落、過疎高齢化の進む小さな町では失われていく古い小さな生活の歴史がたくさんあります。知らなくても生きていけるけれど、知らないと感じられないその地域に眠るつながりと思い。

この場所はアートに希望を持つ人、地域おこしに取り組む人、その地域で生活するおじいちゃんおばあちゃんにとってのコミュニティスペースになっているようです。

地域を愛して、一緒に元気に。

私は地域おこし協力隊として、地域おこしを仕事に活動しています。ですので仕事に向き合いひたすら頑張ればいいのですが、この場所を作った方は、自分の生業、居場所を一から生み出して周りと一緒に地域を元気にできるよう動いていました。これこそが本当の意味での自活した地域おこしの姿。生まれ変わった校舎は、とてもパワーと愛と、希望にあふれる空間でした。

木工作業場。オリジナルのククサなどを制作、販売していました。 

校舎なのにカップル用ツインの部屋まで完備!宿泊も2,500円と格安。

  

男性宿泊者用の部屋。ここは一泊300円とのこと!囲炉裏がついている部屋もあり、ここでは夜な夜な住民が集まって会合も開かれているようです。

ギャラリー。絵画をはじめ、油彩、CGの作品や版画の作品など幅広い作品が飾られています。

今回は後の予定も詰まっていたので1時間ほどの滞在となりましたが、全く時間が足りないくらい見ること話すことがたくさんあって刺激的な時間を過ごすことができました。

また、道北散策の目的地が増えたなぁと思いながらも自分の地域を目的地にできるよう奮起していくための良い刺激を頂きました。突然の訪問に係らず丁寧に案内、いろいろな話をして下さりありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

 アートヴィレッジ恩根内

〒098-2361 北海道中川郡美深町字恩根内25

 関連記事


道北の底力を感じた美深町滝めぐり。 - inaka.life


美深でスラックライン教室。~道北スラックライン同好会~ - inaka.life

©2013-2016  inaka life