inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

道北、抜海に集まるゴマフアザラシ。

スポンサーリンク

道北にはマイナースポットがたくさんあります。今回は遠別町から日本海に沿って稚内に向かうこと約1時間の抜海村です。

googleで「抜海」と入力すると、「抜海 アザラシ」と勝手に出てくるほどメジャーな情報ですが、そもそも抜海を検索する人自体が少ないということもあります。そうです、この村には冬の間、ゴマフアザラシがたくさん現れるのです。

遠別から海岸線、車を走らせます。ちょうどこの日は晴天で、雲も晴れており利尻岳もはっきり見えています。とても気持ちの良い道。

まるでジョー〇アエメラルドマウンテンのパッケージのような御姿。惚れ惚れします。

 

このあたりの海岸ではオオワシオジロワシも良く見かけますが250㎜の望遠では写真を撮るのも大変。

 

途中で休憩。雪の上を歩いて砂浜へ。海岸は雪が解けて砂浜が見えています。ちなみにこの石は化石です。

 

気を取り直して向かうと、除雪が始まっていました。雪のシャワーの下を車でくぐる経験は初めてです。

 

程なくして抜海漁港。ゴマフアザラシいるかなー…って思っていたらいっぱいいた!これ全部そうです。遠くて良くわからない。

 

ぴょこんと顔を出しています。

カメラがなくても、港には観測所がありそこに望遠鏡があります。暖かいコーヒーも飲むことが出来ます。(セルフサービス&要カンパ)

しばらく眺めて帰路へ。この日、薄々感じていましたが夕焼けも綺麗でした。

 

利尻岳が見えてアザラシも見れて、夕陽が綺麗で気持ち良く家に着いた時にはとても浮ついた気分でした。フワフワと。

 

その日、私はインフルエンザを発症しました。高熱でフワフワしていただけでした。

 

 

 

 

©2013-2016  inaka life