inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

北海道といえば雪。雪上スラックライン。

スポンサーリンク

先週までは道北のいなかまち遠別町にもほとんど積雪がありませんでした。

土日でドカッと雪が積もり、日曜日は一面銀世界。

羽幌の旅館から自宅に向かう。(途中初山別村豊岬 金比羅神社に寄り道)日本海沿いは少し青空が顔をのぞかせていました。それなら雪上スラックライン日和だ、と仲間に声を掛けます。

突然の呼びかけに関わらず6人程集まり、セッティング。雪遊びに一番気を付けなくちゃいけないことは靴の中に雪が入らないようにすること。開始序盤で靴の中に雪が入った時の絶望感はなかなかのものです。靴に入り込んだ雪は徐々に足先の温度を奪っていきます。楽しんでいる時は気になりませんがふと正気に戻るその時には後の祭りです。セッティングの段階で雪が靴に入りました。

遠別町でスラックラインをはじめて約八か月。少しずつ他の人も色んな技ができるようになってきました。私以外にもスラックライングッズを購入する人が出てくるなど徐々にムーブメントが来ている気がします。一人でやるのも楽しいですが、沢山の仲間とやる方が楽しいです。

全国にいるスラックライナーさんともfacebookやtwitterを通じて交流し始めました。まだ認知度が低いスポーツということもあってか、皆さん広げていこうという気持ちが強く新参者を暖かく受け入れてくれます。来年は全国行脚、大会出場、検定受験など色々トライしてみようと思っています。

雪上でも吹雪かない限りはスラックラインが実施できる事も分かったので最低限毎週1回は練習できるようにしていきます。

除雪の大変な季節ですが、雪で遊べる季節でもあります。何歳まで雪ではしゃげるかわかりませんが冬の季節をポジティブに受け入れて行こう。

 

 

©2013-2016  inaka life