inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

初めての秋鮭ファイト。

スポンサーリンク

初めての秋鮭釣り

昨日、今日は秋鮭釣りで深夜2時30分に海へ出かけていました。秋鮭釣りも今シーズンを終わり頃、まだ釣れていなかった私は何とか1匹は釣らねばならぬと必死。

 

深夜2時30分。秋鮭を求めて釣り人達は海岸に横一列に整列します。この時間、まだ真っ暗であまり釣れない時間だとか。この時間に来るのは良い場所を確保する為らしい。ピークの時間は大体5時くらい。

 

2時間半程、竿を振っては巻いて、談笑しながら来たるピークタイムまで待ちます。この時間、釣り人達は「あそこで何匹釣った」「あそこは今釣れているらしい」「あそこのねーちゃんがかわいい」なんて話をしています。

新入りの私にはカットインしづらい話題です。忙しいフリをしてその場をやり過ごしていました。

ピークタイム突入

ピークタイムの目前4時30分。なんとなしに竿を振っては巻いてを繰り返していると竿に激しい振動が。

 

これまでにチカという小さな魚は釣りに行ったことがありますが、その時のアタリが「ピクピクッ」くらいなもんで、今回経験した秋鮭のアタリは「ビックビーックククッ!」くらいなもんでした。

 

隣の釣り人が、「それ喰いついてるよ、フッキングしな。」と冷静に一言アドバイス。

…フッキングしらーん!少しパニックになっている時にその釣り人は私の竿に手を掛けてグッと引き上げてくれました。なるほどこれがフッキングか。

 

その後はひたすらリールを巻く、巻く。少し休もうもんなら「緩めたらライン持ってかれるど!!」とさらに知らない釣り人から怒声が。怒っているわけではないんですけどね。

 

5分くらいでしょうか。秋鮭ファイトも終盤を迎えます。秋鮭さんも顔が見えるくらいの所まで来ています。

よし!もう少し!と最後に気合を入れて巻こうと思ったら、でっかい虫取り網みたいなのを持った釣り人さんが海へダッシュしていきます。

 

そして手早く秋鮭を網へ入れて釣り針をはずし、私のいる海岸へ秋鮭をポイってしました。

戸惑いながらバトル終了 

初めての秋鮭バトル。できれば自分の手でつかんでカメラでカシャッと写したかったところですが、こうなっては仕方ありません。

しかもピークタイムなもんだから、「すぐ次の来るから早く構えぇ!」と。

もうすでに鬼監督みたいな立ち位置になっています。

 

海岸の砂だらけになった秋鮭だけを急いで写すことに。

 

 

こころなしか、少し寂しそうな表情です。

巻かれて、サッと網で捕まえられて、ポイって砂だらけ。

 

初の秋鮭ファイトを終えて 

とはいうものの、初めての秋鮭ファイトは大変充実した経験でした。

釣り人の皆様もとても親切で、何度も糸が絡まったりしましたが救ってくれました。

(秋鮭は隣の釣り人との間隔がものすごい近いから絡まりやすい。)

 

でもちょっと深夜2時30分はしんどいかな。。。

釣り人の皆さんはこの時期、毎日のように通うようです。そりゃ鬼監督にもなるわ。

 

 

©2013-2016  inaka life