inakalife-いなかくらし-

北海道の道北でいなかくらし。スラックライン、地域おこし、田舎暮らし、カメラ、RAW現像、デザイン、イラストについて。

米粉ベーグル作り

スポンサーリンク

一昨日。

土日はできるだけスラックラインの練習に充てる気持ちで

いっぱいだったのですが生憎の雨。

 

雨は嫌いではないですが、外遊びが出来なくなってしまうのは

とても残念です。途端にやることがなくなってしまったので

急遽、米粉を使ってベーグルをつくることにしました。

 

わが町の特産がもち米、ということでもち米粉を使って

ベーグルを作りたいと前々から思っていたのですが、

なかなか行動には移っていなかったのでこの機会に、と。

 

一度もベーグル作りはしたことないのですが。

こんな時、クックパッド先輩が非常に頼りになりますね。

 

詳しいレシピについては載せませんので、詳しくはクックパッド先輩に

お尋ねください。

 

①まずは材料を準備

友人ママさんのお宅でこどもと一緒に作ることとなりました。

・強力粉

ドライイースト

・もち米粉(自作)

・白ゴマ

・砂糖

・塩

 

購入が必要な材料としてはこれくらい。

砂糖や塩は大体の家庭にあると思うので購入の必要はないかも。

 

¥1,000前後ですべて揃います。

 

②早速調理(制作?)開始。材料を混ぜ合わせる。

 

 

まずは粉ものを混ぜ合わせます。

ドライイーストはぬるま湯に砂糖と一緒に溶いて混ぜ合わせます。

 

ひとまとまりになるまで揉んでいきます。

この作業、こどもにやってもらうと粉と水分を含んだこむぎちゃんが

テーブルその他に飛び散ってガッビガビになります。

 

友人ママの顔もひきつっていました。

 

もしこどもと一緒にやる場合はひとまとまりになるまでは

大人がやった方がいいかもしれないです。

 

③こねて伸ばして、繰り返し。

こどもにまとまりこむぎちゃんを託して、こねて伸ばしてを繰り返します。

大体15分くらい。

 

④ベーグルっぽいかたちにする。

こどもと一緒に。

この工程が一番盛り上がります。12個分。

 

意外と器用にドーナツ型にしていて驚きました。

形が出来たらこのまま10分ほどベンチタイム。

このタイミングでオーブンを200℃設定で余熱しておきます。

 

⑤茹でる。

 

茹でます。

片面30秒ずつ茹でます。

 

 

⑥焼きます

茹であがったら随時余熱であたためたオーブンへ投入!

200℃で20分。

 

 

こどもたちも焼き上がりを楽しみに待っています。

オーブンがかなり熱くなっているので、顔を近づけすぎないよう

注意は必要です。

 

私が近づけすぎて軽いやけどしました。反面教師です。

 

⑦完成。

完成。

クリームチーズやチョコレートソースなどで

美味しく頂きました。

 

⑦感想

通常の市販のベーグルに比べて少し固め。

モチモチ感が半端じゃないです。

 

冷えてしまったものは少し硬すぎるかな?という印象。

レンジで15秒程温めなおすとモチモチ感が戻りました。

 

初めてのベーグル作りにしては良い結果になったと思います。

こどもたちも喜んで食べていました。

 

課題は、片づけの際、②の工程で飛び散った

ガッビガビこむぎちゃんがやっかいでした。

 

 

 

パンほど発酵やら膨らむかどうか心配せずにオーブンで簡単に作れるので

今後も頻繁に作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

©2013-2016  inaka life